バリ島旅行観光ガイドTop >  バリの事情  >  両替事情

目次


両替

まずは、持参の円を現地通貨に両替。いつ、どこで、どんな方法で両替をするのが得で便利か。現地での滞在をシミュレーションしながら、賢くこなそう。到着後の「とりあえず」の現地通貨は空港で。その後は、滞在エリアや滞在日数を考えながら、適時、両替を行うといい。
クタ&レギャン、サヌール、ウブドの町中には両替所が多く、夜遅くまで開いているところもある。ジンバランには、銀行、両替所がほとんどないので、ホテルかホテル内にあるATMを利用。スミニャックは銀行かホテル、あるいはクタ&レギャンまで足を伸ばすことに。ヌサ・ドゥアはホテルか、ホテル内またはショッピングセンター内のATMの利用が主流となる。
★銀行&ATM
最も確実で安心。ATMなら24時間OK。メインエリアや、郊外でも大きな町なら必ず存在するのが銀行。そして銀行に設置されているのがATM(自動現金引き出し機)。
銀行での現金の両替は、営業時間内のみだが、金額をゴマかすなどのトラブルがないので安心感がある。また、ATMはクレジットカード、国際キャッシュカードがあれば24時間利用可能。
★ホテル
いざという時に便利だが、レートは最も悪いつい、うっかり両替するのを忘れた。オプショナルツアーで朝から夕方まで、自由行動ができず両替ができなかった。そんな時、滞在中のホテルで両替をすることができる。ただし、独自の手数料などを加算するのでレートは最も悪い。ロスメン、ヴィラなどは不可の場合が多い。
★両替所
街のあちこちにあり便利。ただし、トラブルも多い。クタやレギャン、ウブドなどの町中でよく目にするのがこの両替所。基本的にレートは銀行と同額か、やや有利なことが多い。ただし、わざと紙幣を少なく渡 したり、計算機を操作してゴマかしたりと、両替所でのトラブルは増えている。
両替所で替える場合、まずレートを確認。コミッション(手数料)を取るのか、取るならいくらかもチェック。さらに自分が替えるお金がルビアだといくらになるのかを電卓等で計算してから、替えるように。また、もらったら全額そろっていることをその場で必ず確認すること。

   前のページ【 ングラ・ライ国際空港案内 】    次のページ【 移動と交通

バリ島旅行観光ガイドTop >  バリの事情  >  両替事情

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター