バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  バリ島 旅のスタイル選び >  各エリアの特徴

各エリアの特徴

ひとくちにバリ島といっても広いし、エリアによって遊び方、観光のポイントが大きく異なる。まずは、バリ島全体の特徴を把握することが重要だ。また、自分がどんな旅をしたいのかを大まかに考えて、エリアの特徴と重ねあわせると、行き場所、目的が見えてくる。

バリ島の観光の中心となるのがメインエリア。大きく、クタ&レギャン、スミニャック、ジンバラン、ヌサ・ドゥア、サヌールといったビーチエリアと、山あいの芸術と芸能の村ウブドに分けられ、国際的なホテルや観光客相手のスポットも多い。

●クタ&レギャン
60年代にサーファーやヒッピーたちにより発展したビーチリゾートエリア。クタの北のレギャンや、最近 は南のトゥバン地区まで観光化か進んでいる。

●スミニャック&クロボカン
カジュアルなクタ&レギャンと異なり、洗練された雰囲気のショップやレストラン、リゾートが多い。最近は、さらに北部クロボカンの開発が進む。

●ヌサ・ドゥア&ブノア
70年代にインドネシア政府により開発されたリゾートエリア。国際的な大型リゾートが立ち並ぶ。

●サヌール
かつては、ヨーロッパの芸術家たちが、今は欧米人の長期旅行者やリピーターに人気の高いエリア。隠れ家的なリゾートやカフエが点在。

●ダンバラン
フォーシーズンズ・リゾートやリッツ・カールトンなどの高級リゾートホテルが集まる、空港の南部に位置するビーチエリア。最近は、オン・ザ・ビーチのシーフード屋台が観光スポットとして人気。

●ウブド
バリの芸術・芸能の中心で、伝統芸能鑑賞や、バリアートに触れられる美術館、ギャラリーめぐりには最適なエリア。最近は、高級リゾートも増え、豪華な滞在を目的にする観光客も多い。

★中部エリア
雄大さとさわやかさが融合する高原エリア。活火山バトゥール山とバトゥール湖がパノラミックに広がるキンタマーニ高原や、キンタマーニの西にあるブドゥグルなど、すがすがしい高原風景が魅力。

★東部エリア
古都や、宗教寺院が点在する文化香るエリア。17世紀ごろから約3世紀もの間、バリを支配したゲルゲル王朝があったのが東部のスマラプラ。パタンバイ、バリナ・ビーチやチャンディ・ダサなどのリゾート地もある。また、バリ・ヒンドゥー教の総本山ブサキ寺院もここにある。

★北部・西部エリア
ダイビングスポットや、野生動物の宝庫。バリ海に面したシンガラジャは、オランダの植民地時代に地方政庁が置かれ、島内でいち早く西欧化か進んだ港町。ここカち海沿いを西へ行った所が、近年注目を集めているロヴィナ・ビーチだ。

★周辺の島
バリ島周辺の島で有名なのが、バリの東側に位置するロンボク島。世界屈指の名門リゾートが誕生して、リゾートとして人気に。また、レンボガン島もリゾート・アイランドとして人気が出てきた。

前のページ【インドネシアの歴史】    次のページ【タイプ別バリ島の過ごし方

バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  バリ島 旅のスタイル選び >  各エリアの特徴

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター