バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  パスポートを取得する >  パスポート

パスポート

海外旅行に欠くことのできないものは行き先によって異なることもある。絶対に必要なパスポートの取得から始まり、国外運転免許証や海外旅行傷害保険など、持っていたり、加入していると助かるものまで、しっかり確認しておきたい。

海外旅行で必ず必要となるのがパスポート。自分が日本人であることを証明する唯一の国際的な身分証明書となる最も重要なものだ。空港などでの出入国審査や、ビザ申請の際に提示する。また、ホテルでのチェックイン、トラベラーズチェックを使用する際、レンタカーを借りる際などにも身分証明として提示が求められる場合が多い。
取得できるのは5年有効(紺色の表紙)と10年有効(赤色の表紙)の2種類(20歳未満は5年有効のみ取得可能)。通常、有効期間内なら何度でも海外に行くことができる。

パスポートの申請に必要なもの
①一般旅券発給申請書1通
申請書は説明書と共に各都道府県旅券課に備えられている。有効期間が5年か10年のいずれかを選 んで記入。
②戸籍騰(抄)本1通
6ヵ月以内のもの
③住民票の写し1通
住民基本台帳ネットワーク採用の場合は不要。
④顔写真1枚
無背景(あるいは薄い色)、無帽、正面向き、上半身の縦4.5cmx横3.5cmの写真。白黒、カラーどちらでも可能だが、スナップ写真は不可。申請日前6ヵ月以内に撮影されたもの。
⑤身元確認書類
1点で可能な書類:運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主任者証などの顔写真付き身分証明書。2点必要な書類:健康保険証、年金手帳、印鑑登録証明書などの中からふたつ。
または、上記1つと、学生証、社員証、公的機関が発行した資格証明書などを組み合わせてもいい。
⑥未使用の官製ハガキ1枚
パスポート受領日の告知に使用されるので、宛名に自分の住民票記載の住所・氏名を記入。
⑦印鑑
署名できない人は必要。また、身元確認書類で印鑑登録証明書を提示する人は、登録印鑑が必要。
※切替発給の場合の必要書類や、手数料などの詳細は各旅券発給窓口に問合せを。
申請の種類と取得法
★新規発給
新規発給の場合、まず、必要書類をすべてそろえる。書類をそろえたら、本人の住民登録のある都道府県の旅券課または出張所の窓口で申請を行う。
申請後、通常は1週間ほどで受領の日時、場所などを記載した官製ハガキが送られてくるので、このハガキと申請の際に受け取った受領書、印鑑、手数料(5年有効は6000円~、10年有効は1万6,000円)を持って、窓口でパスポートを受領する。
土・日・祝祭日は申請を受け付けていないが申請は代理人でも可能。ただ受領は本人のみ。平日の交付時間の延長や日曜交付を行っているところもある。
★切替発給
パスポートの残存有効期間が1年未満になった場合、更新手続きができる。手続きの流れや、取得費用は新規発給と同じだが、記載事項に変更がなければ、戸籍謄(抄)本と身元確認書類は不要。
代わりに有効なパスポートの提示・返還が必要。なお、インドネシアでは入国時にパスポート残存有効期間が6ヵ月間必要なので注意。
★再発給
平成18年3月20日から改正旅券法が施行され、旅券を紛(焼)失した場合の再発給が廃止になった。
紛(焼)失届けを行い、新しい旅券の発給申請を行う。
パスポートに関する雑学
Q1.子供のパスポートは必要?
A1.以前は親のパスポートに併記できたが、現在は年齢を問わず1人1冊のパスポートが必要。手続きは大人と同じだが、12歳未満は5年有効のパスポートのみ取得可能で手数料が6,000円に減額される。
Q2.名前や本籍などの変更は?
A2.名前や本籍地の変更のみの場合は訂正申請が可能。申請には現在持っているパスポート、一般旅券訂正申請書1通、戸籍謄(抄)本1通が必要(住民票、印鑑が必要な場合もある)。サインの変更は認められない。
Q3.査証欄に余白がなくなったら?
A3.増補申請で余白を増やせる。申請にはパスポート、一般旅券査証欄増補申請書1通が必要。手数料は2,500円。パスポート1冊につき1回限りの申請で、パスポートの後半部分に40ページ分7)査証欄が追加される。
Q4.海外滞在中に有効期限が切れたら?
A4.滞在国の日本大使館または日本総領事館で切替発給が可能。手数料は、日本で取得する場合 と同額分の現地通貨での支払いになる。バリ島の場合、在デンパサール日本駐在官事務所で、申請 することになる。

前のページ【個人旅行の長所と短所】    次のページ【その他の必需品

バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  パスポートを取得する >  パスポート

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター