バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  バリ島滞在の必需品 >  バリ島旅行の持ち物

バリ島旅行の持ち物

熱帯の楽園バリの気候は、雨季と乾季に大きく分かれる。どの時期に行くかで旅行の印象も変われば、持参する持ち物も異なる。絶対、日本から持っていく持ち物と、現地調達可能な品を分け、できる限り身軽にいきたい。
ビーチエリアで欲しい持ち物
日焼け止め
現地で調達できるが、日本ほど種類はないので持参したほうがいい。紫外線防止効果が高いものを選ぶこと。
サングラス
現地調達可能。目も肌と同様、日焼けをするので日射しの強いバリでは必要。
水着
値段も手頃で種類豊富なカワイイ水着を売るショップも多いので、現地で買うのがおすすめ。
帽子
帽子をかぶった時とそうでない場合、頭の温度差は10~20度でも違うといわれる。ビーチ遊びやアクティビティの際は忘れずに。
船酔い防止薬
日帰りクルーズやイルカ・ウォッチングなど、船に乗る際の必需品。現地調達も可能だ効果が強いものも多いので持参が賢明。
山岳エリアで欲しい持ち物
帽子
比較的、温暖な気候の山岳エリアや郊外でも日中の日射しは強い。また、突然のシャワーなどの際の雨避けとしても活躍。
サングラス
紫外線対策はもちろん、レンタサイクルやバイクを運転していると、虫が目に飛び込んでくることもあるので防止に役立つ。
スニーカー
トレッキングや散策にはき慣れた、汚れてもいいものを用意。
ハンドタオル
日射し避けに頭にのせる、地面に敷いて座るなど、活用方法もアイデア次第。
懐中電灯
山あいの夜は暗い。特に月明かりのない新月の夜は漆黒の闇。また、室内で本も読めないほど暗い宿泊施設も多い。
サロン
寺院見学の際に必要。借りられる所もあるが、一枚「マイ・サロン」を持っていると重宝。

前のページ【インドネシアのお金】    次のページ【持ち物チェックリスト

バリ島旅行観光ガイドTOP >  旅行の準備 >  バリ島滞在の必需品 >  バリ島旅行の持ち物

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター