バリ島旅行観光ガイドTOP >  バリの事情 >  移動と交通 >  バリ島の交通

バリ島の交通

個人旅行の場合、空港から滞在ホテルまでの移動が結構、やっかいだ。重いスーツケースを抱えての移動はなるべくラクに済ませたい。観光客に最も人気があるのが空港タクシー。
目的地までの料金が一定のうえ、先払いなのでドライバーにダマされたりというトラブルを回避できる。また、もっと安上がりにしたい、という場合はシャトルバスや地元の乗り合いバス、ベモを使う手もあるが、直接ホテルまで行ってくれない。
空港タクシー
行き先までの料金が設定済み。安心性で選ぶならコレ。タクシー運転手とのトラブルもなく、安心して滞在ホテルまで利用できるのが、空港タクシー。空港を出るとすぐ脇に専用カウンターがある。料金はパネルで表示されているので、わかりやすい。料金を払うと行き先が書かれたチケットをくれるので、それをドライバーに渡す。車内はエアコン完備。大きなスーツケースのトランクヘの積みおろしはドライバーがやってくれる。なお、空港タクシーは空港からの利用のみ。町から空港へは一般のタクシー利用となる。
近場はタクシー、長距離はシャトルバスガ安くて便利です。バリ島の総面積は約5621平方キロメートル。東京都のおよそ2.5倍。ここにメインエリアをはじめ、中部、東部、北・西部といった見どころ、遊びどころのポイントがちらばっている。そのため、自由に自分で島をまわるためには、最も適した交通機関を利用することがポイントになる。
まず、宿泊するホテルがメインエリアにある場合、周辺の移動ならタクシーが便利だ。以前はメーターがなく交渉制の車が多かったが、最近はメーター・タクシーが主流。また、長距離の移動の場合は、観光客用のシャトルバスが便利。このほか、乗り合いバスのベモ、オジェック(バイク)、レンタカーなど の選択肢もいろいろあるが、このメーター・タクシーとシャトルバスが一般観光客が最も気軽に利用できる「足」といえる。

前のページ【両替】    次のページ【タクシー

バリ島旅行観光ガイドTOP >  バリの事情 >  移動と交通 >  バリ島の交通

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター