バリ島旅行観光ガイドTOP >  海外旅行おすすめグッズ >  変圧器と変換プラグ >  変圧器と変換プラグ

変圧器と変換プラグ

バリ島に電化製品を持っていく場合、どのような変圧器を選べば良いのでしょうか?
ここでは選ぶポイントを解説します。まず、確認することは以下の3つ。

1.ご宿泊先の電圧
2.ご宿泊先のコンセント形状
3.どのような電化製品で、消費電力はどのくらいか。

インドネシアの電圧は220ボルトで周波数は50hzです。
最近のビデオカメラやデジカメは、220ボルトまで対応しているものがほとんどですが、100ボルトのみ対応の電化製品については変圧器が必要です。

コンセントの形状は、Cタイプ(丸ピン2本)になります。

ドライヤーのように熱を発生する製品は、消費電力の3倍以上の容量が必要ですので、3600Wくらいまで使える変圧器でなければ使うことはできません。
写真 商品名 価格 商品説明
[変圧器] ステップダウントランス 30Wまで  3,979 円 海外のほとんどの国のコンセント形状と電圧に対応した、コンパクトなマルチ降圧トランスです。
全世界(110V~127V/220V~240V)対応 2,980 円 各国地域の電圧110~127Vか220~240Vを、日本仕様100Vに降圧します。 各種バッテリーの充電など、小型家電に適しています。
カシムラ海外旅行用変圧器 6,279 円 日本の家電製品を海外で使うための変圧器。 サーマルプロテクタ(自動復帰)内蔵の安全設計。
世界中で使える大容量150Wタイプ 15,000 円 DVDプレーヤー、ノートPC、プリンタ、携帯電話やビデオカメラの充電、PDA・・等 消費電力150VA(W)以内の電気製品にご使用いただけます。
ダウントランス 6,400 円 AC100V専用の日本家電を、110~120V地域の海外で使用できるステップダウントランス。 110~120Vの電圧を100Vに降圧します。
20Wまでの日本の電気製品が使える 2,470 円 消費電力容量が20W以内の電気製品:携帯電話、デジタルカメラの充電用など。
提携サイト:楽天市場

前のページ【おすすめ旅行グッズ】    次のページ【耳栓

バリ島旅行観光ガイドTOP >  海外旅行おすすめグッズ >  変圧器と変換プラグ >  変圧器と変換プラグ

おみやげは通販で

サイト内検索

Google

スポンサードリンク



アクセスカウンター カウンター